Blog

こんなお財布見たことない?!漆革シリーズ登場

こんにちは。
西武池袋本店5階 中央B6売場から、CIMABUEスタッフがお届けします。

今日は、2017.6月発売の新作「漆」シリーズのご紹介です。

こちらのお財布は、6/10発売の『MonoMax』にも絶賛掲載中なので、すでに紙面でご覧になった方も多いのではないでしょうか?
イケセイ(池袋西武)にも、掲載ページを見てのお問い合わせ、指名買いを多く頂戴しています。

  • 国産原皮
  • 姫路の白なめし革使用
  • 漆塗りの工程は手作業
  • 内装はインド産のカーフレザーでオールレザー仕様
    etc…

素材の背景に関する興味深い情報は尽きないのですが、そういったことはものづくりサイドにおまかせするとして、完成形のお財布としてのおすすめポイントを挙げていきたいと思います!

厳かに異彩を放つビジュアルの漆塗り革

展示会で初めて見たときには、その存在感につい引き寄せられてしまいました。

見ただけではまったく素材の想像がつきませんでしたが、漆革と聞いて驚きました。
生活に馴染みのあるお椀やお箸のようにツルッとした表面ではなく、細かい凸凹があります。その凸のてっぺんが光沢を放ち、なんとも艶やかなビジュアルです。

漆は伝統工芸にも用いられる古くからの素材ですが、液に素手で触れるとかぶれることでも有名です。
こちらの漆革は職人さんがそれをすべて手作業で、幾度も漆を重ねて仕上げているというのでさらに驚きです。(とはいえ我慢してるわけではなく、かぶれないんですって。職人さんは選ばれし者ですね。さすが!)

手作業だとちょっとした違いを敏感に察知して加減や調整ができるので、かえって風合いや仕上がりが均一になるのだろうなと感心してしまう美しい出来映えです。

持ちやすく、使いやすい

しばらくの間、チマブエといえばラウンドジップのお財布が多かったのですが最近は少しずつ、かぶせのフラップタイプが出てきています。
幅約9.5センチと、ラウンドジップの形よりややスリムなため持ちやすく、スラッとしていて掴みやすいです。

内装をご覧ください。

  • カードポケットは12ヵ所
  • 中身を仕分けやすいスロット
  • 小銭入れのファスナーはYKKのエクセラ

中身が整理しやすく、取り出しやすいので、慌ただしいお会計時でもとってもスマートです。
立ち居振舞いが、オトナです!
(ラウンドジップ型はカードポケットが18ヵ所)

こだわりのオールレザーで29,000円(税抜)~

内装はインド産のカーフレザー。

小銭入れの内側もすべてブラックのカーフです。カーフの手触りは、仔牛だけあって非常にキメが細かく、ややパウダリーな質感です。

純国産の漆革に内装カーフでパーツも◎、匠の技の日本製で29,000円(税抜)という値段ももちろんアピールポイントではあるのですが、本当にお伝えしたいことは別にあります。

漆革という個性の強い革に、内装に何を使うかは悩みどころだったと思います。

ふつうのヌメ革だと、ちょっと渋くなりすぎる…
かといって、ナイロン地は漆の威厳が丸くなってしまう…

悩んだ末の、カーフ。
相性抜群です。
ぜひ、店頭で確かめにいらしてください。

ご来店を心より、お待ちしております。

(水・金はCIMABUEスタッフが不在です。)

西武池袋本店 5F 紳士鞄/革小物売場
東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL.03-5949-2449 (雑貨売場直通)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP