ブログ

ビジネスバッグって、なんでみんな大きくて分厚いんだろう?

こんにちは。

西武池袋本店5階 中央B6売場から、CIMABUEスタッフがお届けします。

店頭では以前から「荷物が少ないので鞄は小さくていいんだけど、無いんだよね」というビジネスマンのお客様の声が聞かれます。

通勤途中、大きな鞄を下げて歩くビジネスマンが目立ちますが、言われてみれば確かに、鞄を持たずにご通勤の方もいらっしゃるようです。

とあるお客様からは、機密事項を多く取り扱うお仕事のため書類の持ち帰りはもちろん、筆記用具の持ち込み持ち出しもNG、だから通勤の持ち物はお財布、携帯(入口で預ける)、パスケースくらいと伺いました。
それでもやはり、ビジネスマンのスタイルとして鞄は持ちたい…。

そんなお客様の悩みは、世の中のビジネス鞄がどれも大きくて分厚いことでした。

CIMABUE史上最薄ブリーフ「グレン」登場

ご覧ください、この薄さ。

NO.11070 (グレン)¥26,000+tax

CIMABUE史上最薄の4㎝です。
表面型押しの牛革、日本製、ファスナーはYKKエクセラ使用でこの価格。まずは革製品を使ってもらいたいというCIMABUEの思いと、タンナーさんや職人さんのご協力でかなえられています。
カラーはブラック、ネイビー、ダークブラウンの3色展開です。
ややスモーキーで、落ち着いた表情。姫路産のサフィアーノレザーを使用しています。

使いやすさはどうなの?

荷物が少ないなりに、収納や機能面は気になるところですよね。

内装をごらんください。

片側にはスマホサイズのポケットが三つと幅広のポケット。小分けにできていいですね。
逆側にはファスナー付きポケットを装備。仕分けしやすく、使う人の動作もスマートになりそうです。

とにかく開く!

鞄は大きいのに、入れ口が狭くて荷物をねじ込むようにしたことはありませんか?
こちらは両サイド目一杯開きます。

A4のファイルの角もこすりません、傷みません。
上の画像は、CIMABUEのA4サイズの人気クラッチ「アドリア」を入れています。サイズ感が伝わりますでしょうか。

細くて華奢なの?弱いの?

ご安心ください。

グレンシリーズは硬めの革を使用しているためパリッとして、4㎝マチでも店頭ではスタンド無しでもしっかりと自立しています。

縫製は、ポストミシンという特殊なミシンを使って行っています。ポストミシンとは、靴を縫うときにも使われるもので、立体的なものを立体のまま縫うことができる専門的なミシンです。
硬めの革でカバンのフレームをぐるっと立体縫製していますから、立っていることがもはや自然なのです。

かっこよく使うコツは?

過去に池袋のショップブログでご紹介してきたエメリー(11022)やアデル(11051)などのソフトレザーに比べて、硬さとハリが特徴のグレン(11070)。

詰め込みすぎは表面のハリ感を崩してしまいます。あくまでスマートに、かっこよく、余裕をもってお使いください。

しかしお財布の厚みがすでに4㎝以上だとか、容量がちょっと不安な方に耳寄りな情報です。
同じグレンシリーズで、底マチ9㎝、天マチ7㎝の<NO.11071 ¥28,000+tax>ブリーフもご用意しております。
ぜひ一度、店頭に違いを確かめにいらしてください。

ご来店を心よりお待ちしております。

(水・金はCIMABUEスタッフが不在です。)

 

西武池袋本店 5F 紳士鞄/革小物売場
東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL.03-5949-2449 (雑貨売場直通)

関連記事一覧

  1. Aniline Cordovan15190_23-9

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP