ブログ

~CIMABUE PRODUCT NEWS Vol.4 /阿波正藍染クロコダイルレザー~

人々を魅了するオンリーワン素材の阿波正藍染クロコダイルレザー!!!

こんにちは。CIMABUEのデザイナーです。

皆様もご存じの通リ、CIMABUEと言えば『素材感』の強いブランドですね。

今回は、エキゾチックレザーの王様 クロコダイルレザーを特集します。

クロコダイルはもちろん聞いた事ありますよね???

そうです。ワニです。。。

でも、クロコダイル製品って、厳つくて、怖いイメージありませんか??

そんな事は全くありません。。実は、凄く繊細で、個性的な素材感です。

細かい腑が美しく、1個1個個体差があり、自己主張できるアイテムなんです。

でも、普通のクロコダイルじゃ満足できないのがCIMABUEなんです。。。

クロコダイルレザーを無形文化財に指定されている阿波徳島正藍染を施しているんです。

大人気のシリーズで生産量も少なく、展開店舗も限られた究極のエキゾチックレザーです。

何故?人気なのか謎を解いていきましょう。

①徳島県の伝統文化をそのまま継承して作り続ける。

徳島県の藍染は、江戸時代になって阿波の藩主 蜂須賀至鎮によってこの地に隆盛を極めました。

この地の藍はその品質の良さから【正藍】他の地の藍は【地藍】と呼んで区別され、全国各地で珍重されてきました。

藍染の方法は、生葉で染める【生葉染め】もありますが、徳島県の藍染は阿波藍を原料にして【発酵建て】という方法で染められています。

藍は淡色では無く、青あい・紅あい・紫あい・黒あい・など様々な色から作り出されています。

一度で染められない為、染める・絞る・乾かすの工程を何度も何度も繰り返します。

一般的に阿波正藍染は水洗いの度に本来の色合いが出てくると言われています。(回数にして30回ほども繰り返します。。。)

水洗いを何度も施すことで調和の取れない色が落とされ、深みのある色が醸しだされていきます。

昭和43年に【阿波正藍染法】として県の無形文化財に指定されています。


原料である阿波藍


葉藍を細かく刻んで発酵させて作られるスクモ


スクモを灰汁などで溶解してできあがった染液

様々な工程を重ねて、阿波正藍染になっていきます。手間・時間のかかる作業だらけです。

これだけの工程を踏んで出来上がるからこその、JAPAN BLUEと呼ばれる藍色なんです。

通常、ジーンズなどに使われる糸などを染める藍ですが、今回のオーダーはクロコダイルレザー!!!

キングオブレザーのクロコダイルを染める事ができるのは、世界中の中でただ1社です。

阿波正藍染クロコダイルだけが藍染と呼べる本物です。

②キングオブレザーのクロコダイルレザーについて。

クロコダイルレザーって実は4種類があるんです。

イリエワニ (スモールクロコダイル)

ニューギニアワニ (ラージクロコダイル)

ナイルワニ

シャムワニ

これら以外はクロコダイルレザーとは呼ばないです。

昨今は様々な場所で養殖され輸入されています。

同じクロコダイルでも実は、種類があるんです。。

ちなみに、どれが一番良いの?と聞かれますが、個人的に用途の違いや使用部位など様々ですので

どれも最高級レザーだと思っています。

でも一番気になるのが、鞄でも財布でも真ん中で裁断するセンター取りであるか?

余計な剥ぎは入っていないか?の2点は気になるところです。特に、大型のウォレットなど目立ちます。。

生産に携わる者としては、先に大型のモノを裁断してます。これが全く効率が悪い、、、(笑)

一枚で肚の部分から剥ぎを入れずに真ん中のセンターで取ると財布二本から三本しかとれません。

サイズのあるクロコダイルレザーは職人泣かせなんです。

他の部分で名刺入れやらキーケースなど裁断しても一枚の革で何個とれるの??となります。

ただ、やはり何とも言えない妖艶な革です。

クロコダイルレザーの商品を一度でもお使いの方は魔力に取りつかれてしまいます。

私もその一人です。(笑)

この立体的な腑が使用しながらどんどん艶が出てきてそりゃーたまらんのです。。。

そんなキングオブレザー 革の王様であるクロコダイルと日本の伝統文化である藍染がコラボしてるんです。

実は阿波松煙墨染クロコダイルもあります。。

松煙(しょうえん)とは煤(すす)の事で、煤を水で溶かした染料で幾度も染色工程を行い、時間をかけて染色しています。

希少性の高い染色方法で世界でも徳島の染色工場のみ出来る技です。

正藍染/松煙墨染 どちらの素材も時間と手間をかけた素材です。

更に、熱い情熱を持ち、世の中に魂を届ける Vermilion とのコラボレーションアイテムになります。

Vermilion HP
http://vermilion-lwh.jp/

藍染とゴールドのコントラストが美しいです。

墨染はクールなシルバーになります。

音楽を愛するVermilion 永瀬氏らしい、ギターネックをモチーフにした引手が装備され、内装はイングランド産ブライドルレザーを使用しております。

更にCIMABUE / Vermilion のWネームの押し印が付いております。

徳島産正藍染めクロコダイル キーホルダー 15200 ¥10,000+TAX

ご購入はこちら

徳島産正藍染めクロコダイル キーケース 15201 ¥39,000+TAX

ご購入はこちら

徳島産正藍染めクロコダイル 名刺入れ 15202 ¥45,000+TAX

ご購入はこちら

徳島産正藍染めクロコダイル ラウンドジップ2つ折り財布 15203 ¥100,000+TAX

ご購入はこちら

現在のラインナップです。大型のオーガナイザーは再生産はしません。。。

一番手頃なキーホルダーはなんと・・・1万円+TAXでお買い上げ頂けます。

ギフトなんかに喜ばれます。。 *藍染のみ 墨染はありません。

この、藍染クロコダイルは何と使えば使うほどに経年変化するんです。濃くなります。

2段階でかっこよくなるんです。

*Vermilion 永瀬氏私物です。

*大事なおしらせです。

現在、主要なアイテムが欠品中です。次回入荷予定は9月ごろを予定しています。

次回入荷分のラウンドファスナー長財布ですが、材料高騰など重なり値上げします。

その他のアイテムは頑張って据え置きします。 是非、ご理解頂けると幸いです。

藍染クロコダイル継続アイテム
NO,15202 名刺入れ ¥45000+TAX
NO,15203 2つ折りラウンド札入 ¥100000+TAX
NO,15204 ラウンドファスナー長財布 ¥180000+TAX

松煙墨染クロコダイル継続アイテム
NO,15252 名刺入れ ¥45000+TAX
NO,15253 2つ折りラウンド札入 ¥100000+TAX
NO,15254 ラウンドファスナー長財布 ¥180000+TAX

その他、ミニウォレットを現在作成中です。

クロコダイルの魔力を堪能してください。

関連記事一覧

  1. アデルブリーフケース
  2. 顔料染めコードバン仮画像
  3. headerimg-Alfred11040
  4. headerimg-shrunken-calf15144

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP