ブログ

ひと味もふた味も違う、手間のかかった手染めカーフのお財布が届きました

こんにちは。

西武池袋本店紳士雑貨売場から、チマブエスタッフがお届けします。

昨日の大丸神戸店に続いて、先週末に入荷したての新作、手染めカーフシリーズの魅力に迫りたいと思います。

最大の魅力は一瞬で視線を奪うカラー

後列左から
かぶせ長財布 No.15261 ¥30,000+tax
ラウンドジップ長財布 No. 15262¥31,000+tax
オーガナイザー No.15263 ¥37,000+tax
前列左から
ミニ財布 No.15264 ¥28,000+tax
名刺入れ No.15260 ¥19,000+tax

チマブエの手染めカーフシリーズは、計5型各3色(ブラック、レッド、ブルー)でのご用意です。

この画像からも、色映えの良さがお伝えできるかと思うのですが、売場の棚でもひときわ目立っております。

同じ色でも、一点一点少しずつ様子の異なるグラデーションがあり、見れば見るほど興味をそそる存在です。

特別手間をかけた裁断後の手染めがポイント

「手染め」と聞くと、染めた経験でもない限り「手作業で染めたんだなぁ」くらいにしか思わないと思うのですが、

こちらのシリーズに関しては

カーフ(仔牛の革)を、剥いだ形のまま染めて、作るサイズに合わせて裁断するのではなく

作るサイズに合わせて裁断してから一枚一枚染めています。

…正直まだピンと来ませんよね?

どうしても皆さまにはこの手間をお伝えし、職人さんに敬意を表したいので、もう少し詳しく説明させてください。

この手染め、何がすごいの?もっと詳しく!

革の取引では、10センチ×10センチの正方形を1DS(デシ)といいます。

これは、名刺入れの外面が1つ作れるくらいの大きさです。

手染めカーフシリーズは、その名の通りカーフ(仔牛)を使用していますが、仔牛とはいえ一頭分でだいたい120デシといわれています。

ざっくり計算ですが、名刺入れの外面用のパーツが120個取れることになります。

この量を、仔牛の大きさのままジャブっと1枚染めて、染まったものを120枚に裁断するのではなく

先に裁断して、手のひらサイズになった革120枚を一枚一枚チャプチャプ染めて磨き、グラデーションを調整している姿を想像してください。

気が遠くなりませんか!

レッドとブルーは色鮮やかですが、グラデーションが渋い落ち着きを醸し、カッコよさを演出。

ブラックは、中心部が煤けた感じでグレーがかっており、幻想的な黒です。

さらっとした手触りと軽さが心地良く、兼ね備えた機能性は抜群

かぶせ長財布はカードポケット14箇所、チマブエの人気のパターンでおつくりしています。

続いてラウンドジップ長財布は、カードポケット18箇所、YKKエクセルファスナー使用でこちらもチマブエ初期から人気の内装パターンです。

手触りの感触だけは、記事でお伝えすることができません…

ぜひ一度、店頭にいらしてお手に取られてみてください。皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。(専属スタッフをご希望のお客様は、お手数ではございますがお電話にてお問い合わせくださいませ。)

西武池袋本店 5F 中央ゾーンB6 紳士鞄/革小物売場
東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL.03-5949-2449 (雑貨売場直通)

関連記事一覧

  1. Shrunken Calf15145_05-1
  2. Shrunken calf15143_22-1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP