ブログ

西武池袋本店限定 GUIDI(グイディ)カーフシリーズ全8型登場!!

Guidi calf15238-01-4

こんにちは。

西武池袋本店紳士雑貨売場から、チマブエスタッフがお届けします。

チマブエ池袋常設展開1周年記念!
店舗限定販売グイディカーフ

今日は、西武池袋本店と正規通販(Amazon PLAY BOX)サイトでしか取り使いのない、グイディカーフシリーズのご案内です!

グイディカーフとは

ファッション界でブーツが有名なグイディ(GUIDI)は、イタリアのレザーファクトリーブランドです。今から122年前の1896年に、ルーツとなるタンナー「コンチェリア グイディ ロゼリーニ社」がスタートし、今から13年前の2005年秋冬に「グイディ(GUIDI)」がスタートしました。ブランドを率いるのはRuggero Guidi(ルジェロ・グイディ)氏。製品染めの手法でブーツをまるごとタンブラー(浴槽のような設備)に入れ、糸や内側、ファスナーまで染めてしまうやり方で、退廃的な印象のタンブラーダイのブーツが一般的に出回っています。ハンドダイの方がさらに流通量が減りますが、これはまた格別です。

チマブエのグイディカーフシリーズは、この CONCERIA GUIDI ROSELLINI 社 の、男くささがありつつエレガントなカーフを使用しています。

ベジタブルタンニン鞣しのタンナーとして名高い CONCERIA GUIDI ROSELLINI 社は、その長い歴史の中で培ってきた伝統や文化を守り、職人への敬意を払いつつ、新しい技術を見事なパランスで取り入れています。その豊富な知識・情報・経験により、世界中のブランドからやってくる様々な革の注文にも、イメージを的確に実現することができ、高い評価を得ています。

触れてわかる、シルクのようななめらかさ

革の表面にスルっとしたなめらかさと透明感のある光沢を出すため、グレージングという仕上げ方をしています。

仕上げ材を塗ってから、ガラスやメノウの棒やローラーで擦って光沢が出せるのですが、そのツヤはピカピカというより少し控えめで上品です。

店頭の見本を小銭入れだけ少し磨いてみました。良いツヤです!
左:キーケース〈No.15233 ¥18.000+tax〉、右:小銭入れ〈No.15232 ¥18,000+tax〉

磨く前は表面がややマットで、指で強くこすると少し色がつきました。この風合いも素敵ですが、磨くとこのツヤが出て、色も取れにくくなります。(ご使用の際にも、衣服やバッグなどへの色移りには十分ご注意くださいませ。メーカーとしても、特別な注意書きを商品一つ一つにつけております)

いい具合に育ちそうな、経年変化が期待できるレザーです!

内装のレザー部分はバッファローレザー使用

Guidi calf15237-01-01

三つ折り三つ折りミニ財布〈No.15237 ¥25,000+tax〉を開けてみましょう!

Guidi calf15237-01-5

 

小銭入れの内側部分はスエード生地を使用

Guidi calf15237-01-9

紙幣とカードの収納面はバッファローレザーを使用しており、独特のそれぞれのシボがまたとない一点もの感を出してきます。

Guidi calf15237-01-7

二つ折りのミニ財布より、三つ折りのほうがカードポケットも充実しています。厚みは出ますが、105×80mmのコンパクトサイズです。

この質感は、ぜひ一度、店頭でお手に取られて感じてみてください。

チマブエのグイディカーフを実際にご覧いただけるのは池袋だけとなっております。皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。(専属スタッフをご希望のお客様は、お手数ではございますがお電話にてお問い合わせくださいませ。)
西武池袋本店 5F 中央ゾーンB6 紳士鞄/革小物売場
東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL.03-5949-2449 (雑貨売場直通)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP