ブログ

普段にも、出張にも、〈エメリー〉本革ブリーフバッグがお薦めです

こんにちは。

西武池袋本店紳士雑貨売場から、チマブエスタッフがお届けします。

オシャレさに、つい目を奪われる“エメリー”ブリーフバッグ

先日、東京は世田谷区の小さな駅のホームで、これからご出張と思しきビジネスマンの方の荷物に視線が釘付けになってしまいました。シルバーの小さめのキャリーケースに、濃紺のブリーフバッグをセットアップして電車を待っていらしたのですが、その姿がとても素敵だったのです。少し気温の高かったその日、爽やかな淡色のスーツを着こなす持ち主の男性のセンスがうかがえます。

私がすっかり目を奪われたのはそのお手元の濃紺のバッグです。

事務的に角ばらず、適度に柔らかくしなるボディはシンプルで無駄がなく、ところどころに配されたゴールドの金具が良いアクセントになっています。

「おっしゃれだなー…」

そう思った瞬間、「あれ、チマブエのエメリーでは?!」と気づきました。

そう、そのバッグはこちらです!

〈エメリー 2ルーム No.11023 ¥39,000+tax〉

エメリーは、チマブエでロングセラーを誇る人気のシリーズです。これまでも素敵なバッグだと思っておススメしてきましたが、使っていただいている姿はもっとかっこよかったです!道具は使ってこそですね!!

シートベルト素材のショルダーベルト付き

背面のポケットは、下側のファスナーを開けるとキャリーケースにセットアップできるスリーブになります。荷物の多い出張時には、嬉しい仕様ですね!防水ではありませんが、多少の雨なら拭いて乾かせば、ダメージは少ない革です。

内装はカモフラージュの柄織で、遊び心を感じます。軽くて丈夫なナイロンを使用、ポケットも充実です。

パーツをシルバーにしない理由

ロングセラーだけあって、お客様におススメした回数も断トツに多いのですが、その中でよくいただくご意見は「ファスナーがゴールドで目立つから、仕事で使うには気になる」というものです。

たしかに、お仕事柄、またはお立場柄、オシャレすぎると気まずいシーンもあると思います。

しかし、この〈エメリー〉に使用している、イタリア マストロット社の、艶のあるソフトなレザーにはゴールドの金具の華やかさがピッタリなのです。シルバーにしても悪くないですが、ゴールドの方が似合っています。だから、ゴールドなんです。

あるお客様は、「取引先でバッグを褒めてもらえて、いい話が決まったんだ。買ってよかったよ」とお知らせに来てくださいました。持ち物のセンスが良いと、お仕事の期待度も上がりますよね。

どうしてもシルバーでないと、というお客様には、艶感控えめ、エメリーよりちょっと硬めの姫路レザーを使用した〈アデル〉をお薦めしています。

 

Adel11051_15-1

〈アデルシリーズ No.11050〜11053 ¥35,000〜+tax、画像は No.11051 ¥42,000+tax〉

ぜひ一度、店頭にいらしてご覧になってみてください。皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。(専属スタッフをご希望のお客様は、お手数ではございますがお電話にてお問い合わせくださいませ。)

西武池袋本店 5F 中央ゾーンB6 紳士鞄/革小物売場
東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL.03-5949-2449 (雑貨売場直通)

関連記事一覧

  1. Shrunken calf15143_22-1
  2. Guidi calf15238-01-4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP