オイルコードバン

革のダイヤモンド「オイルコードバン」

国内の皮革一大生産地である兵庫県姫路市においても馬革を扱うタンナーは極端に少なく、馬革をタンニンなめし及びコードバンをピットなめしで生産できるのは国内では1社だけです。
原皮はヨーロッパ産のものを使用し、上質なコードバンを含んでいることが多くコードバンを生産する大事な要素です。ピット槽に漬け込みゆっくりとアクションをかけながら、時間と手間をかけて繊維間にタンニンを浸透させます。オイルコードバンは木製ピット槽を用いたタンニンなめしでしか生産できません。
更に仕上げでオイルを用いて仕上げをしている為、通常のコードバンに比べ艶感やムラ感、しなやかさが際だちます。
一枚一枚表情が違うのもオイルコードバンの最大の特徴です。
MADE IN JAPAN
原皮 ヨーロッパ産 臀部
厚み 1.5mm
植物タンニンなめし
PAGE TOP