バケッタレザー

美しい革「バケッタレザー」

バケッタ製法という伝統的ななめしを施したエイジングレザーです。
バケッタ製法とは、古くからイタリア北部のサンタクローチェで地方に伝わるベジタブルタンニンなめしの事で、自然な樹木の皮や実などでできあがるタンニンを昔ながらのピットなめしを施し手作業で作っています。
現在は時間や手間がかかる為、革大国であるイタリアでもバケッタレザーを生産するタンナーは大変少なく、希少性が非常に高いです。
革の繊維の中までオイルが浸透しており手触りを良く使えば使う程、艶が増し美しく味わい深い表情へと変化していきます。
MADE IN ITALY
原皮 ヨーロッパ産 ショルダー部分
厚み 2.8mm
植物タンニンなめし
PAGE TOP